誕生日やクリスマスといったイベントは、女性にとって大切なもの。大好きな人のために、事前にさまざまなプランを練りますよね。

喜ぶ顔が見たくて用意したプレゼントや料理、お店やお出かけ先。「どんな顔するかな~♪」とワクワクしながら当日を迎えたのに、彼からはいつもと変わらない無表情でひと言、「あ、ありがとう」と言われただけ……。

こんなふうに、自分が思っていたほどの反応をしてもらえなくてがっかりしたこと、ありませんか? これもまた、男女の考え方の違いから起こること!

男性は、決してしてもらったことがうれしくないわけではありません。ただ、気持ちを態度で表すのが苦手な人が多いだけなのです。

女性だけでサブライズ誕生日会などをすると、たいてい!うわぁ、ありがとう!すごくうれしい!」という反応が返ってきて、「喜んでもらえた! やってあげてよかった!」と素直に思えますよね。

でも、それと同じ反応を男性に求めてはいけません。

自分の父親に、父の日のプレゼントを渡したら、「ありがとう」のひと言しかなくて、それほど喜んでいるとは思えなかったのに、後日母親から「あなたからネクタイをもらったのが相当うれしかったみたい。毎日つけていきそうな勢いよ」なんて言われた経験がある人もいるのではないでしょうか?

このように、男性は、うれしくてもその気持ちをどう表現したらいいかがわからないだけなのです。もっと言ってしまえば、「ありがとう」のひと言で、喜びと感謝の気持ちを十分に伝えられたとすら思っています。

とはいえ、自分の用意したものに対して、あまり反応してくれなかったら、誰でも少しは寂しさを覚えるものですよね。

でも、そこであなたが「ねえ、本当にうれしいの? どうして、そんなに反応がにぶいの?」と問い詰めてしまうと、それまでは「うれしいなあ。いい彼女だなあ」と思っていた彼も、「本当にうれしいってば。しつこいなあ」と不機嫌になってしまいかねないので、注意が必要です!

では、どうするのかよいでしょうか。

ポイントは、「笑顔」!

以前、会社の課のみんなで上司に誕生日プレゼントを渡したときのことです。上司は受け取っただけで、包装紙を開くこともなく「ありがとう」とだけ言い、その場をすませてしまいました。

あまり盛り上がらない雰囲気のまま、その場が終わりそうになったとき、ある女性が、「喜んでいただけてよかったです! みんなで一緒に考えたんですよ~。ぜひ、ゆっくり見てくださいね」と、上司に言いました。

すると上司は、「本当にありがとう。照れくさいから家で開くつもりだったけど、やっぱり、今見させてもらうね」と言い、その場で包みを開けてくれたのです。

後日、「この間、みんなからもらったゴルフウェア、昨日使わせてもらったよ」と、わざわざ報告までしてくれました。

こんなふうに、たとえ男性の反応がにぶくても、「ありがとう」の言葉が聞けたら、「喜んでくれてよかった!」と笑顔で言ってあげてください。

笑顔でたたみかけられたら、いくら反応が苦手な彼でも、思わず「本当にうれしいよ」と言えてしまえるような空気をつくりだすことができます。そんな彼の反応を見ることができたら、自分自身もよりうれしくなれますよね。

ただし、それでも「してもらうのが当たり前!」なんていうふうに思っている男性は、言語道断。そんな彼氏だったら、今すぐサヨナラすることです。